PINARELLO DOGMA F8

店長がレーパン忘れて試走会場まで行ったDOGMA F8ですね。。。乗らないという選択肢は当然無いでしょうから、デニムのハーフパンツをビッショビショにしながら走ったそうですが。そんなんで大丈夫なんですか?怒られませんか?


まぁ、やっちまったとは思ったけど、仕方ないよね~写真撮影した時は「腰から下は写んないように写真撮って~!」とか言ったりしてたwすみません。それはいいとして、ピナレロは何ともスゴイね!もうすごいの出せないだろ~とエアロロードの乗り味はどうしても似てくるだろ~と期待薄で行ったことを素直に反省。歴代ピナレロのフラッグシップモデルのなかでは、最も「ホビーライダーにとって扱いやすい」フレームだと僕は思います。下りも速いし、登れるし、下手なペダリングを拒絶しないでくれる懐がちゃんとある。


たしかにF8登場直後って「あ~エアロロードのそっち行っちゃったか~」的な空気はあったかもしれませんね。でも店長、ものすごい絶賛ですね。ピナレロを象徴するONDAオンダ~って感じのカーブも好きなんですけど、F8はもう少し大人しいカーブですよね。でもカタログじゃなくて実物を見ると「うわぁ~」って思わせてくれるセクシーさがあるような。。。


フロントフォークが鳥肌が立つほどいい。飛び抜けた要素はぶっちゃけないけど、エアロロードのフロントフォークをここまでまとめ上げられるものなのか!?と感心する。実物のフォークブレードを前後左右から見ると従来のONDAの良さをエアロのために捨てざる得ないけど、新しい何かを求めて苦心したであろう部位が多々ある。これは所有した人がじっくり磨きながら感じ取っていける醍醐味のひとつかも。タイムトライアルモデルのBOLIDE(正気とは思えない価格です。フレームで150万オーバー)の流れを汲み、なおかつビタっとした剛性感がある。ヘロヘロになってダンシングで登るときも下るときも、フォークが頼りないともうどうにもならないけどF8にはそんな心配ナッシング。 (ヒルクライムであと少しの改善を探している人はフロントフォークを疑ってみるのも大事ですよ。あと意外だと思われそうですが、ゆっくりダウンヒルするときのほうがフォークにねじれが加わることも多々あるので、ホビーライダーにもフォーク剛性はめちゃ重要です)
恐らく、今後類似する形状のフォークは増えてくるような予感がするし、その時に再評価される類のフォークじゃないかな。


う~ん、なんか難しそうな話ですね。。。そもそも短パン履いて走った人には説得力も足りないですょ。ヘッドチューブの形状ってものすごい独特です。船の舳先みたい?あとBBはネジきりに戻ったんですよね?やっぱ圧入は、、、


F8の空力面はジャガーとの開発。エアロ効果はシチュエーションが高速域なら体感でわかるレベルだと僕は思う~。エアロ形状は部分的なことだけではなく、リアブレーキやリアホイールまで抜け切るところまで徹底してる。遅れて出てきたエアロモデルだけど、競合他社は全てチェックしてるだろうね。BBに関してはピナレロは数年前から圧入もネジきりも試していろいろやっていたけど、これは何とも難しい。トラブルはネジ切りのほうが少ない、でも開発自由度は圧入のほうが高い。気に入ったフレームが気に入ったBBシステムとは限らない時代になったけど、そこだけで全体を見るのは意味合いが違ってきちゃうね。実際、シマノBBだからメンテ頻度低いわ~と思っていたら既にゴリゴリとかもお客さんの中にはいらっしゃる。現行のBBシステムは密封性においては正直向上していないので過信は禁物かな。あと短パンじゃない時にも乗ってますから。


なるほど。じゃあ店長の話はいつも長いんで締めに入りますね。参考ホームページは、 PINARELLO F8 爆誕! 乗ってみたらスゴかった①PINARELLO F8 爆誕! 乗ってみたらスゴかった② あとはフレームの中身を覗くためにファイバースコープを買うほどのあぶな、、、すごい熱心な安井さんのサイスポJPの連載 安井行生のロードバイク徹底評論第5回 PINARELLO DOGMA F8 そしてピナレロジャパンのF8スペシャルサイト シクロワイヤードさんのアグレッシブなエアロデザインに生まれ変わった新型フラッグシップ このあたりが参考になるはずです。


(←聞いてない)フロントフォークの剛性向上の捉え方などは僕と安井さんのインプレでは異なるけど、僕は従来DOGMAの「少し動いて強く踏ん張る」みたいなタメの動作も大好き。ただ、F8のフロントフォークははエアロロードとしての範疇のど真ん中に存在しながら、全てのシチュエーションに完全対応出来るという稀有なポジションにいることは物凄く高く評価したいと思うんだ~。開発を突き詰めると、あるところからバイクは枝分かれせざる得ないことも多い。レース、エアロ、エンデューロみたいな分化はある意味正しい。でも一般的なライダーは一台のみを所有するし、F8クラスなら尚更。その部分でピナレロが「これだけが今のDOGMAなんだ」という答を出せているのはユーザーが見えている証拠。曖昧なお茶を濁すような、モデルチェンジのためのモデルチェンジではなく、何が必要で何が自分たちの答なのかを求める姿は素晴らしいと思う。K8とかも登場したけど、あれはF8ありきでさらに突き抜けたところを狙っているわけで、耐久性まで踏まえてもF8はかなりスゴイところに現れた。以前、アメリカで拳銃持ってDOGMAを強奪した奴がいたけど、たぶんあいつはF8も狙ってくるだろうからアメリカの在庫店は大変だな。


だから、ここで全部話し尽くそうとしないで下さいってば。レーパン忘れて、この笑顔ってあたりで楽しさが伝わりますから。


 じわじわ、レーパン忘れた時の絶望感を思い出してきた。あと仕事中にこのインプレと関連リンク全部読もうとすると確実にサイスポ.JPの長文に没頭して、F8買う前に減俸とかになりかねないので注意して下さいね。
とにかくF8はエアロロードのくくりではなく、コレ一台で全シチュエーションを最大能力で対応出来るという点で革新的!ハイエンドモデルのベンチマークになりうると思う!


メーカー公認インプレッション